'."\n";?> 一人暮らしの前に準備しておくべき11つの事

一人暮らし 準備



一人暮らしの心得

一人暮らしを不安に感じる人、反対に大きな期待を持って臨もうとしている人がいると思います。特に若い人であれば、一人暮らしに憧れることも多いと思います。

好きな時に風呂に入れて、好きなものを好きな時に食べて、うるさい親に怒られることもなく、自由で快適な生活が待っている。

誰からも干渉されない、気ままな一人暮らし。そんなふうに想像している人もあることでしょう。

しかし、一人暮らしを快適に楽しむためには、裏腹に生活のすべてを自分で考え、全て一人で管理していかなくてはいけないという責任も付いてきます。

例えば、経済面ひとつとっても、収支のバランスを維持していく必要があり、当然その為には、健康管理と節約するための自炊なども必要になります。決して容易なことばかりではないのです。

今まで実家暮らしだった人が、初めて一人暮らしを始めてみると、今まで経験したことのない問題にたくさんぶつかることになるのです。

初めての一人暮らしに当たって、注意しておきたいことや自覚を持っておきたいことなどを経験者の助言としてまとめておくことにします。

> 引越し費用一番安くする方法

@規則正しい生活を心がけましょう

一人暮らしは、ともすると自堕落な生活になりがちです。規則正しく暮らすことは、心身ともに健康を維持して行く上で、最低限の条件と言って良いのです。

A栄養バランスを考えた食事をしましょう

実家にいたときは、母親が黙っていても考慮してくれたバランスのとれた食事が、今後はできなくなります。偏った栄養は、様々な病因になります。

若いうちは、ほとんど自覚症状が出て来ないので、ついなおざりになってしまいますが、長い間に体のどこかに変調をきたすことがありますから、何もないときほど気をつけておくことが大事です。

B金銭管理をしっかりとしましょう

使えるお金を把握し、計画的に出費し、それに見合う収入(仕送りも含んで)を確保することが重要です。出費が多いと、学生さんの場合では、アルバイトに精を出し、学業がおろそかになることがあるでしょう。

会社員なら、つい消費者金融から高利の金を借りるといったことにもなりかねません。

C自由を良いことに使いましょう

せっかく誰にも干渉されない自由を得たのです。これを活用しない手はありません。

勿論、その自由は、将来の糧となるものに使うべきです。最初は、家族がやってくれていたことを全部自分でやらなければならないため、何かと忙しく余裕はありません。しかし、慣れてくれば、いろいろなことに挑戦できるはずです。

学業とアルバイトで忙しい学生さんの中にも、また、日中の仕事や夜の付き合いなどもあって多忙な会社員の中にも、自宅に帰ったらひたすら寝るだけという人があります。自由な割にはあまり有意義な時間の使い方をしていない人が少なくありません。

その状態から早めに脱して、自己啓発、自己投資となる事柄を見つけ、挑戦するこように心がけて行きましょう。


スポンサードリンク

私の一人暮らしの前に準備しておくべき11つの事 体験記